×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フィリピン 風俗

フィリピン 風俗

太平洋に浮かぶ7000を越える島々。
輝く太陽の下であふれる緑、咲き乱れる花々、そして青いサンゴ礁。
フィリピンには強烈な原色の世界が広がっている。
アジア特 有の混沌に包まれた大都市マニラ、ホスピタリティあふれる心地よいビーチリゾート、無垢な大自然と素朴な女性たちが魅力の島々。
その表情は驚くほどにバラエ ティー豊かである。
どこでも変わらぬ明るい笑顔が優しく迎えてくれる国、それがフィリピンだ。

フィリピンの風俗を知る! やっぱりそれにはこれが 大切です。

サンミゲール ダーク   フィリピン



一生に一度のサンミグライト   フィリピン



レッドホース フィリピン



フィリピン LOVE

フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく)、通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家。 16世紀のスペイン皇太子フェリペにちなんだ国名の国である。島国で あり、フィリピン海を挟んで日本、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んでベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海が、西には南シナ海が南にはセレベス海が広がる。首都はメトロ・マニラ。

地 理

ルソン島・ヴィサヤス諸島・ミンダナオ島などを中心に、大小合わせて7109の島々から構成されている。

スプラトリー諸島(南沙諸島)で領有権問題を抱えている。

全国的に日本のような詳細な地図・道路地図は発行されておらず書店、空港などで購入できる地図も非常に大まかなものである。

経 済

アメリカ合衆国による植民地政策では農業政 策が失敗し、スペイン時代のプランテーション農業に基づく地主と小作人の関係が現在も続いている。この地主は全国に数十人おり、彼らの 家族が国土の半分以上の土地を所有している。農村部では半数以上が一日1ドル以下の生活をする最貧困層である。これが南部イスラム地域では75パーセント 以上が最貧困層である。

食料の自給率は遅々として回復せず、国民の生活は昨今の穀物価格の高騰やベトナム政府の米輸出制限措置の影響を大 きく受けている。

資源に乏しいが、農業、軽工業、サービス、セブ島やボラカイ島などリゾートを中心とした観光業が主要な産業であるため、原油価格の変動を受けにくいとも言える。90年代のアジア通貨危機でもフィリピンはIMFの管理下にならなかった。フィリピンの経常収支は800万人に及ぶ海外在住労働者の送金によって支えられている。主要な貿易相手国はアメリカと日本で ある。1997 年のアジア通貨危機のあおりを受けてペソ暴落に見舞われたが、経済がバブル状態ではなかったので、タイ、インドネシア、大韓民国に比べると回復は早かった。南部イスラム勢力との和解成立後、ミンダナオ島にもアメリカなどからの直接投資も入り始めている。90年代前半まではタイやマレーシアなどの他の東南アジア諸国が急成長する中フィリピン は伸び悩んだが、アジア通貨危機以降は製造業などが伸び経済成長率も概ね4〜6%を推移している。東南アジアではベトナム・インドネシアと共にNEXT11の一角に も数えられており、今後発展が期待できる国の一つに含まれている。

国 民

住民は、マレー系が大部分(全体の90%程度)であるが、過去数百年で中国系(華人) やスペイン人との混血が進み、混血率は高い。地域によって混血率は違い、スペイン統治時代に重要な軍港であった地域、特にサンボアンガでは、スペイン人との混血率が高い。混血者はラテンアメリカと同様にメスティーソと呼ばれる。その他、山岳地帯のネグリト、ボントック、イフガオ、ミンダナオ島などの南部在住のモロ(イ スラム教徒)などがいる。

外国へ出稼ぎに行く国民が10人に1人はいる出稼ぎ国家で、外国で働く労働者が多いため、その他の混血の人も多い。その中でも、日本人、アメリカ人 とフィリピン人等の民族のハーフの人が多い。

フィリピン華人の大部分は中国福建省南部の出身である。血統からいえば、約1千万人のフィリピン人は中国系であるが、明清時代からの古い華人が多 く、現地化や混血が進んでいる。元大統領コラソン・アキノも福建華人の子孫である。現在でも中国語を話し、中国の習慣になれている者は60万人から 80万人程度と推定される。

2005年の人口は、87,857,473人。国連等の推計では、2020年には1億人を超え、2030年には1億1千万人、2040年には1億2千万人、 2050年には1億2千7百万人になるとされる。

国 語はフィリピン語、公用語はフィリピン語と英語で あるが、母 語として使われる言語は、合計172に及ぶ。これらのほとんどはアウストロネシア語族に分類されるが、アウストロネシア語族 の言語間にもほとんど意志の疎通が図れないほどの違いがある。他に使われる言語にはスペイン植民地の歴史を反映してスペイン語(フィリピンのスペイン語)やチャバカノ語(スペイン語とそのクレオール言語)、中国語(北京語や福建語)、イスラム教徒の間で使われるアラビア語がある。

アメリカの植民地であったこともあり英語がかなり普及しているが、ナショナリズムの高まりと共に政府はフィリピンが一体となって発展していくためには国内全域で通用するフィリ ピンの共通言語が必要であるとし、タガログ語を基本としたフィリピン語を作り普及に務めてきた。現行の1987年憲法は、フィリピン語を国語と定め るとともに、「フィリピンの公用語はフィリピン語と、法律による別の定めがあるまでは英語である。」と規定し、将来はフィリピン語だけを唯一の公用語とす ることを宣言した。これに伴ない公教育でも教授言語のフィリピノ語への移行がすすめられ、フィリピン人の英語力は低下傾向にある。

ハワイ 風俗
フィリピン 風俗
アメリカ 風俗風俗
フランス 風俗
グアム 風俗
サイパン 風俗
韓国 風俗
タイ、バンコク 風俗
台湾 風俗
インドネシア 風俗
ギリシャ 風俗
マレーシア 風俗
イタリア 風俗
シンガポール 風俗
ベトナム 風俗
レンタルサーバー